2007年08月11日

『カレン坂高校 可憐放送部』

シェアブログ1152に投稿

 本日書店で見かけ、即座に購入を決めた小説です。なぜ、即座に決まったかと言えば、表紙に、ひびき玲音先生の名前があったからです。
 ひびき玲音先生といえば、『マリア様がみてる』シリーズのイラストで有名な先生ですが、そのひびき玲音先生原作の新たなるシリーズということで購入しました。
 そして、一気に読み終わりました。
 タイトルやストーリー紹介から考えて、普通の高校で繰り広げられる学園もの(「放送部」とあるので、放送部を中心とした)…と思っていたのですが、途中からその様相は変わっていったことに驚かされました。
 最初のうちは、思っていたとおり、普通の「学園もの」という感じでした。10年ほど前までは女子高であり、現在は共学校のカレン坂高校。その放送部は、名門として有名である…という紹介や、メインキャラクターの優月(ゆづき)みひろちゃんが、親友であり、放送部の現パーソナリティである潮崎(しおさき)なちるちゃんが、同じ部の男子と親しげに話している様子から不安を感じたり…と、普通の学園ものとさほど変わらないのかも…という展開でした。
 ところが、夏休み中に起こったとある事故を境に、みひろちゃんたちの生活が一変してしまいます。さらに、物語が終盤に入ると、新たなる事件が立て続けに起こり、もはや「普通の学園もの」とは全然違った展開になっていきました。
 しかも、驚愕のラスト、そして「つづく」の文字。まだまだ終わりません。
 一体、放送部は、そして、カレン坂高校はどうなってしまうのか? 続きがとても気になります。

 題材は違いますが、とある出来事がきっかけで、これまでの生活が一変する…という展開は、『ひぐらしのなく頃に』と似ている…と思いました。
 この『カレン坂高校 可憐放送部』を読み終わった後、最初に起こった「事故」は本当に「事故」なのだろうか? とか、立て続けに起こったその後の事件は一体…? とか、いろいろと考えました。
 続編が出るのを心待ちにしています。

posted by かおり at 19:44| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。